香港エクスプレス 香港→宮古(下地島)就航初便搭乗

今回、エバー航空の松山発台北行きの初便に搭乗後、わざわざ香港まで来たのは、

下地島空港の初国際線定期便、香港エクスプレスの香港ー宮古(下地島)の初便に搭乗するためです。

今回、事前にモバイルチェックインをしていたため、本来香港エクスプレスは第2ターミナルからの出国ですが、第1ターミナルから出国することができました。

ゲート付近へ向かうと就航記念写真用のパネルが準備されており、多くの方が記念写真を撮っていました。

搭乗のため列に並んでいると、パスポートチェックの係員が来て、パスポートとモバイルチケットを見せると、

カウンターに寄った?

と聞かれたので、

寄ってない

と答えると

こっちに来てといわれ、搭乗口横のカウンターにてパスポートチェックがありました。

その後、再び列に並び搭乗口へ

今回、香港での記念品は期待していなかったが、搭乗口にて記念品の配布がありました。

機内へ着くと操縦席から英語のアナウンスがあり、その後に日本語のアナウンスがあり機長がまさかの日本人でした。

出発準備が完了したが、飛行機が一向に動かない。

そしたら、機長のアナウンスで

香港空港の混雑のため、管制官の指示で1520分ほど待機しますとのこと。

その後、プッシュバックし滑走路へ向かうのだか、

滑走路も混雑しているため、5機程離陸を待って離陸

離陸後、日本で使える香港エクスプレス用のクーポンの配布がありました。

その後事前注文の機内食の配布があり、

事前注文のマレーシア風チキンボール丼を頂きました。

 

味は、まずまずでした。

機内食の食後は、ブログの原稿をまとめるなどをして、過ごしました。

下地島空港着陸後、機内では拍手があり

スポットに向かう際に放水シャワーがありました。

機内をでると、横断幕で香港エクスプレスの到着を歓迎してました。

出口でも、歓迎セレモニーがあり記念品を頂きました。

記念品


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)