ANA A380「FLYING HONU」 ホノルル→東京(成田)初便搭乗


ANA がA380型機「FLYING HONU」 を東京(成田)ーホノルル間を就航したので、ホノルル発東京(成田)行きの初便に搭乗してきました。

今回、ビジネスクラスの座席も多く増えたため、

チェックインの際もビジネスクラスのレーンも長い列でした。

チェックイン後保安検査を通過して、

本日から本格的にオープン(2日前から一部利用可能)ANAラウンジへ

ANAラウンジについては、別の機会に別途紹介します。

ラウンジで過ごしていると、10時30分より搭乗口にて、A380就航セレモニーがあるということ

セレモニー会場へ行くと、ちょうど客室乗務員が機内へ向かう最中でした。

その後セレモニーが始まりましたが、人の多さに途中で退散し、再びラウンジへ

途中でラウンジへ戻ったのは、人の多さ以外に

関西空港からのJALが、ANAのA380に対抗した特別塗装「ARASHI HAWAII JET」として到着するからである。

ラウンジへ戻ると、ちょうど「ARASHI HAWAII JET」が着陸したところでした。

その後、「ARASHI HAWAII JET」がスポットインのため、


ラウンジの近くまで来てくれました。

「ARASHI HAWAII JET」の撮影を終わる頃には、搭乗予定時間の10:45なのだが、

出発準備に時間が掛かっているため、搭乗開始時間が11:20になるとアナウンスがありました。

11:20に事前改札が始まり、その後の優先搭乗にて機内へ

搭乗口にて就航の記念品を頂き、

機内へ

機内へ入る際も客室乗務員から記念のタグを頂きました。

今回、前から2列目の座席でしたので、着席後荷物をシートの下に置いていたら、

前から2列目の座席は、

地上走行中及び離着陸時は座席の下に物を置けないので、

離陸後シートベルトサインが消えるまで手荷物を抱いてました。

出発準備の遅れのため、出発も遅れました。

機内安全のご案内のビデオが

歌舞伎バージョンではなく

ホノルル路線専用(A380機以外は6月1日から)のビデオが流れました。

その後、滑走路に向かう最中、機長からのアナウンスがあり、

A380機の案内などのスピーチがあり、

離陸

離陸後、ドリンクサービスで

スパーリングワインをもらいました。

その後、機内食で

牛肉のすき焼きとサーモンのソテーガーリックピラフの選択でした。

朝食にサーモンを頂いたので、

牛肉のすき焼きを選択しました。

食事と一緒にスープを頂きましたが、スープの紙コップがANA HAWAiiバージョンでした。

ドリンクも和食ということで、日本酒へ変更しました。

食後のデザートに

マンゴーアイスクリームを頂きました。

その後、オーディオの音楽を聴いて過ごしましたら、

着陸の1時間20分前に軽食の配布があり

サンドイッチとカットフルーツとチョコレートでした。

ホノルル出発が35分遅れで出発したため、

成田空港到着も20分遅れで到着しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)