アイベックス

エアアジアの仙台就航初便に搭乗後、

帰りはアイベックにて東京(成田)へ戻ります。

今回搭乗する、アイベック仙台ー東京(成田)便は今年の7月に運航再開されたため、

運航再開記念キャンペーンで7000円にて購入できました。

仙台空港到着後、カードラウンジで過ごし時間になったので、カードラウンジを出たら到着機到着遅れのため出発が15分遅れると

アナウンスがあったため、再びカードラウンジに戻りました。

再度カードラウンジを出て、搭乗口に向かうと更に5分遅れるとアナウンスがあり、

結構約20分ほど遅れました。

また、出発遅れに伴い搭乗口も変更になり

新たなに増設されたターミナルの10番ゲートからの搭乗でした。

新設されたターミナルにはボーリングブリッジはついていないが、アイベックの場合タラップからの搭乗のため、成田空港第3ターミナルみたいに今回搭乗する機材までアコーディオン型の可動式屋根が、タラップの手前まで用意されていて、搭乗するスタイルでした。

離陸後飛行時間が短いので、ドリンクサービスは無いと思っていましたが、アップルジュースの配布がありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)